猫八のカッチノルジャ!

韓国好きなハンドメイド作家

韓国ドラマで見る王様と歴史

.entry-content { font-size:18px }

 

 

皆さん、こにゃにゃちわー

 

今日はちょっと小難しいタイトルになってますけど

 

先日「トンイ」をみて本当にあの王様は馬鹿だなぁとつくづく思ってしまったんだけど

 

韓国ドラマを見すぎて日本史よりも詳しくなってしまいました。

 

というわけで、今日は王様の話

 

 

韓国の王様といえば・・・



『偉大なるセジョン大王』

 

猫八の中でセジョン大王と言えば?






韓国ドラマ『根の深い木』ハン・ソッキュのイメージです。

 

セジョン大王と言えば、ハングルを作った王様音符


ハングル(한글)の「ハン(한)」は、「大いなる」「偉大なる」という意味です韓国


「クル(글)」は「文字」の意味します。

 


「ハングル」は「偉大なる文字」という意味があります。

 

その為、セジョン大王は偉大なる王様だと言われているわけです。

元々は、「訓民正音」と呼ばれていました。





そんなハングルを作った王様ですけど

1418年、譲位により朝鮮王朝4代王として世宗(セジョン)イ・ドが即位しましたが

軍権を中心に実権は上王である太宗(テジョン)イ・バンウォンが握っていました。



その為、ドラマの設定上、セジョンはひ弱なインテリ設定です。




 

こちらが若き日のセジョンを白玉boyが演じていますね。



白玉boyから、名優ハン・ソッキュにバトンタッチされるんだけど



しばらく、白玉ボーイに見とれていた猫八はハンソッキュに馴染めなかったわね。







セジョンは、インテリだからちょっとイカれてるの

 

(言い方)



昔の自分が見えちゃったり

ハン・ソッキュの名演技も伴って、セジョンのイカれ具合は半端ないわよ。




いつも名演技のチャン・ヒョク

 

この時のチャン・ヒョク役がね







彼は、セジョンに恨みを持っていて父の敵討ちをしようと企んでいるんだけど



チャンヒョクって演技上手すぎて

 

ちょっとドン引きした猫八






※写真のチョイスに悪意あり


だけど、ハン・ソッキュのイカれ具合に、いつものチャンヒョクのイカれ演技も霞む。

その他にも、毎度お馴染みややこしや俳優勢揃いです。

皆さんの怪演にも注目です。





さるちゃんは、『チャンヒョクは、ハリウッドスターになれる!』っていつも言っているわ。


だけど、猫八はチャン・ヒョクは真田広之的なポジションだと思うわ





話戻しますけど・・・・

チャンヒョクは、セジョンに恨みを抱いているから武術を習います。







イバンジ師匠です。

小さくて、時々小さな妖精あるいは左とん平に見えます






このビジュアルで、過去に悲恋物語を抱えています。





人の家にきて、いきなり倒れる師匠。


でも、この師匠の武術はすごいんです。



一人でバタバタ倒せるんです。

 

左とん平なのに。



もう一人の弟子はバフッ!小





ユンピョン

彼は、悪い方についています(ざっくり)



ユンピョン痩せすぎて、気持ち悪かったけど

 

全ての俳優のイカれ演技でユンピョンのビジュアルはオアシスでした。



そして・・・・もう1つの見所は、イバンジ師匠直伝!

空中技!






こんな風に飛ぶんですけど

 


ひゃーΣ(゚∀゚)

ハハハ~。(爆)





注意(飛んでいます)



え?ちょっとまって!

 

セジョン大王の話が飛んだわ。









韓国にはゼジョン大王さまがいます。











猫八は相変わらずハングルを勉強してなくて全く読めない

むしろ猫八は英語を話したいんだ。




セジョン大王は、とても頭のイイ人だったから

ハングルだけじゃなくて、色んな事を研究して庶民の暮らしに役立てていたのね。










あっ!猫村2ビックリ







さて、これは?



1432年に王立天文台である簡儀台を設置し、渾天儀など多くの天体観測器を製作させました。

また、時間を測定する日時計(仰釜日晷など)と自動水時計(世界初のからくり時計であると現代の韓国でされている自撃漏など)も製作させたのです。



この時代にこれだけの物を作ったって事が驚きね!



こちらは・・・






側雨器ですキラキラ



1441年に元官奴で正四品になった蒋英実が発明した「測雨器」は世界最初の雨量計であると現代韓国でいわれ、農業気象学に資しました。









セジョン大王の裏へ行くと博物館があります。

 

この王様たちが奉られている場所があります。








※韓国コネストより

 

宗廟です


2回目の韓国旅行で、初めて地下鉄を乗り継いで行きました。

もう10年くらい前かな?韓国の『スッカラ』という雑誌で、宗廟が紹介されていて心奪われました。



実際に行けた時は、とても感動して言葉も出ませんでした。

で、この宗廟って何なのか?


朝鮮王朝歴代の王たちの位牌を安置されている場所なんです






14世紀末、儒教を国教と定めた朝鮮王朝の初代国王、イ・ソンゲ(李成桂)が築きました。








宗廟には、チョンジョン(正殿)とヨンニョンジョン(永寧殿)の二つの建物があり、


そのどちらに祀られるかは、王の後世での評価によって決まりました。







功績のあった王は、チョンジョンに



そうでない王は、ヨンニョンジョンに祀られたのです


死んでまで区別されるのね。


功績のあった王とは?

セジョン大王はもちのろんですが

 

ドラマで振り返ってみましょう。




こちらの方々を

皆様ドラマで見た事はないでしょうか?

こちらの方々は、功績のあった王とし祀られています。

 

名前を言ったところでピンとこないのでドラマの役で紹介しますね。




功績のない王はと言うと・・・・

ドラマで分かりやすいのが猫村3




端宗(タンジョン、ホンウィ)

文宗の長男で、敬恵(キョンヘ)王女の弟です。

11歳で王位に就くも

伯父の首陽大君(スヤンテグン)により追放され、





賜薬により16歳で死去する悲劇の国王です。




このドラマは、おっぱいシフでお馴染み





王女の女

 






パクシフのお相手は、『華麗なる遺産』のスンミ。

 

(名前が難しくて覚えられない)


このスンミは、首陽大君の娘という設定です。


首陽大君と言えば悪名高き王の一人です

 

でもね。

 






 

セジョン大王の息子です




セジョン大王の息子であり

首陽大君の兄の文宗がセジョン大王亡き後王座につきました。

 



しかし、文宗はわずか2年で病死してしまいます



その後、文宗の息子端宗がわすが11歳で王位につきます







これをチャンスと狙い、首陽大君は叔父のくせにこの兄の子供から王位を奪うのです

幼い端宗の味方になっていたのが、


パクシフの父

と言うわけで主役の2人はロミオとジュリエット化していきます。





幼きセジャには、姉がいます。







敬恵王女です

彼女はドラマの中でも美女の設定ですが、実在する敬恵王女も美女だったそうです。

悲劇の王女と言われています。




首陽大君に力のない家柄に嫁がされ、幼きセジャとの間を引き裂かれます。

旦那さんは、パクシフの親友チョンジョン。





しかし、実在の王女は幸せに暮らしていたそうです。



が!!



政治は、時として全く違う方向へ話が及ぶ。



首陽大君は、自分を恨む者を放っておく人間ではないのです。

あれこれ理由をつけては、次々殺すのです。



幼きセジャの端宗は、叔父に王位を渡したものの反対勢力がまた端宗の復位を狙います。

首陽大君は、端宗を流刑にしたあげく17歳になったときには死刑にします。

また、敬恵王女の夫チョンジョンも残忍なやり方で処刑するのです。




残った敬恵王女

ヌヒ(カンヒ)にまで身分を落とします

酷すぎる~!

 



しかし、この話には続きがあって子供によって復権するのだとか。



そして、首陽大君は??

王になると、皮肉なことに国防や財政、農地の拡大など政治手腕を発揮していくのです。




(?_?)




所でパクシフは?




そうそう。主役ですからね。



パクシフは、首陽大君に嫌われていたから何度も命を狙われて~。


挙げ句、死んだことになって


やさぐれる









ズーム!



 

 

巨乳

このドラマは首陽大君が本当に嫌なやつだったことと

 

パクシフが巨乳だったことしか思い出せません。

 

 

さて、王様たちのお話に戻ります。

 


宗廟に祀られなかった王が2名います。

王を廃位された燕山君と光海君で、位牌は正殿や永寧殿には祀られていません。




王女の女にでてくる首陽大君の息子


 


ドラマでは、若くしてお亡くなりなった設定ですが・・・・


結婚してお嫁さんがおり、子供もいました。

その子供が成宗です

 



その更に子供が燕山君







スンミの弟のイ・スンはあの燕山君(ヨンサングン)のお爺ちゃんということなんです!((((;゜Д゜)))

 

 

もうなにがなんだか分からなくなってきましたか?

 

 



猫八は、見ていませんが・・・

 



 

 

 


このドラマでチャングムの前の時代が描かれております


食ってばっかりで功績がイマイチ分からないチャングムの王様


 

 

 

 


こちらのお爺ちゃんになるのね。

さるちゃんは、この王様役のイムホがマッチに見えて仕方ないそうです


猫八には・・・




じょ、女装?!

(; ゚ ロ゚)






劇団ひとりにみえるんだけど


これ見てからチャングムだったら、王様見下してたよね



もう一人、祀られなかった光海君は




毎度、画像のチョイスに悪意あり悪



ホジュンに出てきたこの人ばいばい





になるわけです。

外交の天才と言われた光海君ですが、後継者問題には悩まされ続け

家臣に踊らされ、身内を殺していくのです。

 



暴君と言われる燕山君とはちょっと違いますね

ドラマを見る限りでは、父親の方がよっぽどイラッとしました。



チョンミョでは現在、年に一度、王族の子孫たちが位牌を取り出し、

 

 

祖先をたたえる舞と音楽を捧げる「宗廟祭礼」が行われています。


ユネスコ無形遺産にも選ばれています。

 




こうして、ドラマを通じて見てみると面白いんですよ。



時代劇は苦手という方もいると思いますが、日本の時代と照らせあわせてみても

分かりやすいし楽しいです。

 

それでは、またね!

 

あんにょん

 

 

★猫八からのお知らせ★

 

 

 

f:id:neco8smile:20200913162750j:plain

f:id:neco8smile:20200913162817j:plain





 

 

f:id:neco8smile:20200816211536j:plain

 

http://neco8saru8.cart.fc2.com/

 

 

 

 

 

 

f:id:neco8smile:20200412140117j:plain

 

Twitter (ブログ通知のみ) https://twitter.com/norujaneco8

Instagram https://www.instagram.com/neco8smile

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 韓国旅行(リピーター)へ
にほんブログ村

👍応援Clickよろしくお願いします